議会の仕事

議決

町政を進めるうえで重要な事項は、町議会の議決により決定します。その主なものは、次のとおりです。

  • 条例の制定・改正・廃止、予算の決定、決算の認定、基準に従い契約の締結・財産の取得・処分など
  • 副町長、教育委員、監査委員などの選任にあたっての同意など

請願と陳情の審査

町政などについての意見や要望があるときは、誰でも請願書や陳情書を町議会に提出することができます。請願書を提出するときには、町議会議員の紹介を必要としますが、陳情書の場合にはその必要はありません。

請願の場合は、常任委員会などで審査したうえで本会議で「採択」か「不採択」かを決定し、その結果を請願者へ通知します。

陳情の場合も基本的には請願と同じ扱いをしますが、本会議の採決は行わず、本会議では常任委員長の審査報告をそのまま「採択」「不採択」があったものとして通知しています。

意見書の提出・決議

公共の利益に関係のある問題について、国や県などに意見書を提出したり、町議会の意思を明らかにするために決議を行います。

町政のチェック

本会議での一般質問、また、委員会で質問や報告を通じて、町政の方針や行政が公平、公正かつ効果的に運営されているかを質しています。

お問い合わせ

議会事務局
電話:015-574-2222