弾道ミサイル落下時の行動について

2017年9月11日

弾道ミサイル落下時の行動について

 

弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。

ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により、緊急情報をお知らせします。

 

サイレン、緊急情報等が流れたら

屋外にいる場合

  • 近くの建物(できればコンクリート造り等の頑丈な建物)の中、または地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難する。
  • 近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。 

屋内にいる場合

  • できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。
 

近くに着弾したら

屋外にいる場合

  • 口と鼻をハンカチで覆い、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内または風上へ避難する。

屋内にいる場合

  • 換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉する。

 

~行政の指示に従って、落ち着いて行動してください~

 

詳細については、国民保護ポータルサイトをご覧ください。

国民保護ポータルサイト http://www.kokuminhogo.go.jp/

お問い合わせ

総務課
電話:015-574-2211