特別定額給付金について

2020年5月8日

 「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月30日閣議決定)において、「新型インフルエンザ等対策特別措置法の緊急事態宣言の下、生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛し、人と人との接触を最大限削減する必要がある。医療現場をはじめとして全国各地のあらゆる現場で取り組んでおられる方々への敬意と感謝の気持ちを持ち、人々が連帯して、一致団結し、見えざる敵との闘いという国難を克服しなければならない」と示されました。このため、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うことを目的として、「特別定額給付金」事業が実施されることとなりました。

給付対象者

 令和2年4月27日(基準日)において、豊頃町の住民基本台帳に記録されている者。(基準日以前に、住民票を消除されていた者で、基準日において、日本国内で生活していたが、いずれの市区町村の住民基本台帳にも記録されておらず、かつ、基準日の翌日以後初めて豊頃町の住民基本台帳に記録されることとなった者を含みます。)
 なお、外国人のうち、短期滞在者及び不法滞在者は住民基本台帳に記録されていないため、対象とはなりません。

受給権者

 受給権者は、その者の属する世帯の世帯主とします。

給付額

 世帯構成員1人につき10万円として算出される額となります。
 例:世帯主、妻、子ども1人の場合は10万円×3人の30万円が給付額となります。

給付金の申請方法

 感染拡大防止の観点から、申請方法は次の(1)及び(2)を基本とします。
  ※やむを得ない場合に限り、窓口にて受け付けます。
(1)郵送申請方式
 豊頃町から、特別定額給付金の申請書を受給権者(世帯主)宛てに送付します。受給権者は申請書に振込先口座情報を記入し、本人確認書類、振込先
 口座確認書類の写しと共に、同封した返信用封筒を用いて、郵送にて提出してください。
(2)オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)
 受給権者は、マイナポータル上の特別定額給付金の申請画面から、世帯主及び世帯員の情報並びに振込先口座情報を入力した上で、振込先口座情報の
 確認書類をアップロードし、電子申請を行うことで申請できます。
 この場合、電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要となります。

受付開始日

 申請書は、5月1日に発送します。申請受付は、5月7日からとなります。
 また、オンライン申請の受付開始につきましても、5月7日からを予定しています。

給付方法

 受給権者より提出された申請書の内容を確認し、給付を決定します。
 給付金は、申請者(受給権者)の本人名義の銀行口座への振込みにより行います。
 なお、銀行口座をお持ちでない場合など、真にやむを得ない場合に限り、窓口における取り扱いをする予定ですが、銀行口座への振込みより給付に時間がかかる見込みです。
 給付開始は5月13日を予定しております。(受付順となります。)

配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援について

 配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、申出の手続きをしていただくと、以下の措置が受けられます。
1.世帯でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。
2.手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。
 詳細は下記リンク先ページをご参照ください。

【特別定額給付金】配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援

特別定額給付金に関する問い合わせ先

総務省「特別定額給付金コールセンター」
電話:03-5638-5855
平日の午前9時から午後6時30分まで

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。総務省「特別定額給付金(仮称)」(外部リンク)

お問い合わせ

町づくり推進係
電話:015-574-2216