図柄入りご当地ナンバープレート「(仮称)十勝(とかち)」の導入に向けて

2022年7月1日

 豊頃町も参加している十勝町村会では、さらなる十勝の認知度の向上を図り、地域振興や観光振興に活用するため、国(国土交通省)が募集する「図柄入りご当地ナンバープレート」の導入に向けて取り組んでいます。

1.図柄入りご当地ナンバープレートとは?

 現在、全国で133地域名のナンバープレート(ご当地ナンバープレート。例えば「知床」など)があり、そのうち58地域が図柄入りナンバープレートを導入しています。

R4.6現在の地方版図柄入りナンバープレートの交付地域一覧.pdf(562KBytes)

2.なぜ図柄入りご当地ナンバープレートを導入しようとするのか?

 「十勝産小豆」「十勝産チーズ」「十勝ワイン」「十勝日誌」などなど、名称に「十勝」や「北海道十勝」を冠にした生産物や商品が数多く全国展開されていますが、十勝ブランドを全国に売り出す努力はますます必要です。令和3年にナショナルサイクルルート「トカプチ400」が指定されたことに加え、日高山脈襟裳国定公園の国立公園昇格と新たな名称に「十勝」が加わることで、十勝の存在感は確実に上がり観光客・交流客の増加が見込まれます。こうした人や物の動きをさらに加速させていくためには、これまで以上に積極的に「十勝」を発信していかなければなりません。十勝地域の特色を生かした「新ナンバープレート」は、十勝の走る広告塔として、十勝の存在感を示し、十勝の認知度アップに貢献するものと考えます。

3.導入しようとする地域の範囲は?

 「十勝はひとつ」として19市町村全域での導入を目指します。しかし、帯広市は、将来的に「帯広ナンバー」がなくなることを考えると、その調整には一定の時間がかかることが推察されます。このため、18町村は先行して準備を進め、「導入意向表明時」(令和4年11月30日まで)において、帯広市の動向が未定の場合は、まずは18町村で導入を北海道に要望します。
 なお、要望を受けて北海道が国交省に提出する「導入意向表明時」
(令和4年11月30日まで)と「導入申込時」(令和5年3月15日~31日)とで、参加市町村が変更になっても問題はありません。ただし、変更に際して関係する全市町村の地域住民等の意向を踏まえる必要があります。また、導入申込の変更は認められません。

4.導入後のイメージ

現行のナンバープレート
ナンバープレート(現行).jpg

十勝(とかち)ナンバー導入後のプレートイメージ
ナンバープレート(とかち).jpg

5.導入手続き等

日程内容
令和4年8月以降 町民の皆様へ導入意向確認
令和4年11月30日まで

導入意向表明の期限

令和5年3月

導入申込書の提出期限

令和6年度 新ナンバープレートのデザインを決定
令和7年5月 新ナンバープレートの交付開始

お問い合わせ

町づくり推進係
電話:015-574-2216