○豊頃町高齢者補聴器購入費助成事業実施要綱

令和2年3月23日

告示第12号

(目的)

第1条 この要綱は、聴力機能の低下がある高齢者に対し、補聴器の購入に要する費用(以下「購入費」という。)の一部を助成することにより、高齢者のコミュニケーションの確保とともに生活支援及び社会参加の促進を図ることを目的とする。

(対象者)

第2条 この事業の対象者は、次の各号のいずれにも該当する者とする。

(1) 住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定により本町が備える住民基本台帳に記録されており、現に本町に居住している満65歳以上の者

(2) 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)に基づく補聴器の支給対象とならない者

2 前項の規定にかかわらず、町長が特に必要があると認める者については、助成の対象とすることができる。

(助成金の額)

第3条 補聴器購入費助成金の額は、30,000円を限度とし、購入額が30,000円に満たない場合は、購入実額とする。ただし、助成金の額に100円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てるものとする。

(助成の申請)

第4条 助成を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、豊頃町高齢者補聴器購入費助成金交付申請書(別記様式第1号)に、購入費の領収書を添付し町長に提出しなければならない。

2 申請は、対象者1人につき1回を限度とする。

(助成の決定)

第5条 町長は、前条の規定による申請があったときは、その内容を審査のうえ、助成の可否を決定し、豊頃町高齢者補聴器購入費助成金交付決定通知書(別記様式第2号)により申請者に通知し、助成金を支給するものとする。

(助成金の返還)

第6条 町長は、偽りその他不正の行為により助成を受けた者があるときは、当該助成金を返還させることができる。

(委任)

第7条 この要綱に定めるもののほか、豊頃町高齢者補聴器購入費助成事業に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

この訓令は、令和2年4月1日から施行し、施行日以後に購入した補聴器について適用する。

附 則(令和3年2月24日訓令第5号)

この訓令は、公布の日から施行し、令和2年4月1日から適用する。

画像

画像

豊頃町高齢者補聴器購入費助成事業実施要綱

令和2年3月23日 告示第12号

(令和3年2月24日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
令和2年3月23日 告示第12号
令和3年2月24日 訓令第5号