豊頃町総合プロモーション推進協議会公式サイト

TOYOKORO そろそろ行く頃 豊頃

TOYOKORO そろそろ行く頃 豊頃ロゴ

NEWS

豊頃町PR動画、2/25~3/3まで
渋谷109フォーラムビジョン(渋谷駅前)で放映!

豊頃町ってどんなところ?

北海道・十勝の東南端に位置する豊頃町は、農業と漁業を基幹産業とする人口約3,500人の町です。町名の由来はアイヌ語の「トエコロ」で、「大きなフキが生えていたところ」と言われています。
自然豊かな豊頃町では、町のシンボル"はるにれの木"をはじめ、四季折々の美しい風景が多くの人を魅了しています。夏にはタンチョウヅルやオジロワシ、冬はアザラシの姿が見られることも。
大津産秋鮭やわかさぎの佃煮、十勝ダイコンや小豆など、自然豊かな風土に育まれた美味しい特産品は、全国的にもよく知られています。

北海道豊頃町

ACCESS
とかち帯広空港より車で45分
帯広から車で40分
札幌から車で3時間40分

ジュエリーアイス (c)Hisashi Urashima

© Hisashi Urashima

今話題のジュエリーアイスって?

ニューヨーク・タイムズにも掲載されたり、北海道の新キャッチフレーズ「その先の、道へ。北海道」のポスターに写真が使われるなど、国内・外ともに注目されいている「ジュエリーアイス」。
「ジュエリーアイス」は、厳寒期に豊頃町大津海岸で見られるもので、十勝川の氷が太平洋に流れ、さまざまな形になり砂浜に打ち上げられたもの。日の光を浴びて美しく輝く様子は宝石のよう。神秘的な光景が人々を魅了しています。

ジュエリーアイスの情報は「とよころ観光ガイド」へ
http://www.toyokoro.jp/tourism/